レディー

nlpトレーナーになって大活躍しよう|新しい業界にチャレンジ

基礎知識や勉強方法

勉強する女性

危険物関連の資格は、就職や転職、スキルアップなどに役立てることができ、難易度に合わせて取得するものを選べるという点などから、非常に人気です。危険物の資格を取得すると、危険物取扱者として仕事ができ、将来は独立開業することも可能です。危険物取扱者とは、化学物質や劇薬、身近なもので言えばガソリンや軽油などを取り扱うことが可能になり、それを必要とする職場では重宝されます。さらに、こうした物質やエネルギーは今後も無くなることはなく、むしろ貴重なものとして扱われるので、危険物の資格の価値も下がることはないでしょう。このように、幅広い活躍が可能になる上に取得しやすい資格ですので、今後も人気資格の一つとして存在することが予想されます。

危険物には甲種、乙種、丙種の3つがあります。その中でも特に受験者数の多いものは乙種で、その乙種も1〜6類に分かれます。そしてさらにこの中でも受験者が一番多いのが、4類です。危険物乙4類が人気の理由は、取り扱うことが可能になる物質が身近なもので、かつ取り扱う機会が多いからです。危険物乙4類で取り扱うことが可能になる物質には、ガソリンや軽油などが挙げられます。そのため、たとえば石油プラントやガソリンスタンドに勤務する人は、危険物乙4類を保有しておくと優遇されやすいです。基本的な勉強方法は、とにかく暗記することです。年少合格者には小学生もいますが、それでも聞き慣れない用語や範囲の広さなどから、決して簡単な資格とはいえません。そのため、意味を押さえながら確実に暗記をすることが効果的です。危険物乙4類を取得することで、別の類に挑戦する人も少なくありません。乙種は受験資格も無いので、気軽に受験することが可能です。